ご売却をお考えのお客さまへ
タイの不動産代理店サービス

私たちはお客さまの大切な資産である不動産を少しでも高く売却するお手伝いをすることが仕事です。
そのために、どういった売り方をするのが最適かどうすれば少しでも高く売却することができるかをアドバイスさせていただいています。
大手不動産会社では、基本両手数料狙い(売主、買主双方から仲介手数料をもらう)で入ります。自分のところで抱えているお客さま「買いたい人」と「売りたい人」を仲介し、両者間の「価格差の調整」を行います。(これを囲い込みといいます)
弁護士が被害者と加害者の双方の代理人になるでしょうか?
なりませんよね。というか、なれませんよね。これは「利益の相反行為」にあたります。売主が有利に話を進めれば、買主には不利になりますし、逆に買主が有利な話は、売主にとっては不利な話になります。「価格差の調整」はまさに「利益の相反行為」なのです。ニュースでも取り上げられていましたが、大手不動産会社のほとんどはこの囲い込みをして、両者からの仲介手数料を狙いに行きます。買主も自社で決めるのが大前提ですから、売り物件を預かるときから、自社のお客さまの希望に合う金額で媒介契約を進めてきている可能性すらあるのです。
売主さまにとって、1つの不動産屋さんが買主・売主両者の仲介をするメリットはあるでしょうか?
全く存在しません。「話がスピーディに進む?」
大事な契約ごとですから、決して焦って話を進めてはいけません。売主と買主の間にもう1社まともな不動産業者が挟まっていても、話がまとまらないなんてことはありません。
相手の業者さんがよっぽど経験の少ない営業さんだった場合は可能性はございますが。
売主さまにとって、大切なことは「安心して」「高値で」
売却することではないですか?お客さまにとっては、ここに「より早く」という希望も入るかもしれません。でも、一番重要なのは、「少しでも高い価格」で販売することではないでしょうか?
そのためには、売主さまにとって、安心して任すことができる専属の不動産会社が必要ではないでしょうか?
当社では、売主さまがご安心して売買できるよう完全にサポートいたします。

業者が提案してくる金額は「売れる金額」ではなく、業者の「売りたい金額」なのです。
あなただけに都合の良い条件を提案してくれません。


当社は「売主さま」に最大限寄り添った仲介会社です

当社は双方仲介をいたしません。「売主さま専属の仲介業者」だからこそ、売主様の利益を最大限にお考えいたします。
不動産を高く売るためには戦略が必要です。お客さまの大切な資産を少しでも高く売却するために、どのような戦略を立てるか。そこからご提案いたします!

高く売却するための価格戦略

当社は双方仲介をいたしません。「売主さま専属の仲介業者」だからこそ、売主様の利益を最大限にお考えいたします。
不動産価格は需要と供給のバランスによって決まります。
したがって、同じ地域で同じような物件が出回っている時期には売却をおススメいたしません。たとえば、安い同程度のマンションがあった場合、比較対象になってしまい、「高い売り物件」という印象を持たれてしまいます。その場合、売却時期をずらすことにより希望価格での売却も可能になってきます。
「売却時期とタイミングの見極め」が大切です


当社は売主に最大限寄り添ったただの不動産業者です

内覧時に好印象を持たれるテクニック

内覧時にお客さまにどういう印象をもたれるか?これが、成約に至るかどうかのカギになります。
「良い第一印象を持たれるようにしましょう」
販売時には、好印象を持たれるテクニックをいくつかご紹介いたします。
これまでの経験で培った「悪い例」「良い例」を交えてご紹介いたしますので、ご参考にしていただいて、是非成約に結び付けましょう!
当社では、自社でお客さまを探しません。売主さまの味方になるためには買主さまを自ら募集できません。買主も当社で仲介することにより、売主さまだけの味方になることが出来なくなるからです。当社では、買主さまを連れてくる業者様に向けて好印象を持ってもらえるための物件シート作り、物件の魅力を最大限に伝えるための物件シート作りに力を入れています。マンションの場合なら、駐車場や駐輪場の空き状況、空きがない場合なら近隣の駐車場情報、管理組合の管理状況から、修繕積立金や大規模修繕の予定なども販売前に事前に入念に調べています。その他、小学校、中学校、病院などの施設だけでなく、近所の人気店や小児科、歯医者などの情報も発信します。室内写真やその辺の情報も同時に業者様に向けて発信することにより、多くの業者さまがSUUMOやHOME’s、アットホームなど主たるポータルサイトに掲載していただきます。当社が売主さまのみの代理人になることにより、売主さまに少しでも有利に契約を進めることができるのです。
大手S社やM社などは、自社にたくさんのお客さまがいることをアピールします。それは購入希望者がたくさんいるだけのことであって、売却金額(購入価格)は購入希望者主体で決まってしまいます。契約内容なども必然的に購入希望者に有利な契約内容へと導かれます。それでいいのでしょうか?
当社では、契約前の段階から物件の調査、設備の状況などをこと細かく調査いたします。調査を先行するからこそ、売主さまのリスクが回避できるものだと思っております。ただし、契約上あまりにも買主に不利になるような契約内容は締結することができませんので、事前に念入りに打ち合わせの上、契約内容、契約金額、引渡し日なども決定いたします。
物件販売に際しては、室内の内覧、設備の使用状況の確認は必須になります。お手数ですが、一度はお立会いの上、室内チェックはさせていただきます。
売買・賃貸いずれの場合もまず『ご相談』からです。
「今すぐ売却するつもりはないが・・・」
「将来、売却するときのためにいくらで売れるか知っておきたい」
そんな感じで結構です。お気軽にお問い合わせください。きっと皆さまのお役にたてると思っております。ご相談、ご面談の上、依頼するかしないかをご判断ください。

債務超過やローンの延滞がある場合でもご相談ください。

当社は双方仲介をいたしません。「売主さま専属の仲介業者」だからこそ、売主様の利益を最大限にお考えいた住宅ローンの返済が出来なくなった場合や、競売の開始決定通知が自宅に届いた場合でも「任意売却」は可能です。ただし、競売開始決定が行われた後はスケジュール的に余裕がなくなってしまいますので、住宅ローンの支払いが厳しくなった時点で早めにご相談ください。
任意売却についてはまた別章で詳しくご説明いたします。
任意売却についてはこちらから

タイの不動産フランチャイズの機会

...